ゲームブック スーパーマリオブラザーズ外伝
2014.03.23

ゲームブックって知ってますか。

本を読み進めると分岐があって、選んだページへジャンプすることで自らストーリーを切り開いていき、敵と遭遇すると(本にもよるけど)サイコロとか使って戦闘。勝った、負けたでまたストーリーが分岐していく、そんな感じ。

サウンドノベルをリアルな本でやっている感じ、と言えば分かりやすいかな。

いろいろなゲームデバイスが蔓延る現代ではほとんど絶滅危惧種だろうゲームブックですけど、80年代後半くらいまではわりと流行っていたぽくて、いろいろな作品がゲームブック化されてました。

ドラクエ、ファンタシースター、ビックリマン……。

変わったところではスペースハリアーなんてもありましたね。(読んだことないけど)

著者の力量にもよりますがけっこう出来の良いゲームブックが多くて(だからこそ流行ってたんだろうけど)、好きなゲームのちょっとしたノベライズ的な意味でも当時は貴重でした。

そんな隠れた優良物件ゲームブックの中で、一際異形を放っていた作品がありました。



それがこちらです。


gb140323_01.jpg

スーパーマリオブラザーズ外伝
原田力男/原作 橘しいな/画 1986



スーパーマリオブラザーズ外伝。


パッケージこそファミコンカセットと同じマリオのイラストが使われてますが中身は完全に別物の漫画タイプのゲームブック。

一応クッパを倒した後の後日談とのことで物語的には繋がりがあるみたいだけど、世界観がとにかく暗い、っていうかダーク。

敵もゴーゴンやガーゴイルといった、およそクッパ軍団とはほど遠いガチファンタジー系です。



gb140323_05.jpg

左の少女がキノピオです

そもそも主人公のマリオからして本家とのデザインの共通点はヒゲとつなぎくらいで、ほぼマリオのコスプレをしたオジサンと化してるし、キノピオやピーチ姫に至っては原型すら止めておらず、



gb140323_02.jpg

その、なんというか



gb140323_03.jpg

この作品にマリオを起用する意味ってあるかなーと



gb140323_04.jpg

当時から疑問に感じてたわけですが



gb140323_06.jpg

このハードな世界観やキャラクターデザインが、私めちゃくちゃ好きでして、マリオ云々はさておきお気に入りの一冊でした。



gb140323_07.jpg

特に本作におけるマリオのライバルである悪魔騎士アーノルド卿のデザインは今見ても溜め息が出るくらい格好良くて、今でも私の中で最高のダークサイドヒーローです。(まあけっこうヘタレなんですけどね)

そんな異形のマリオシリーズ(?)スーパーマリオブラザーズ外伝ですが、なんと続巻が発売されているそうでビックリ。

機会があれば入手したいですね。


それでは今日はここまで。
posted by Nakamura at 15:28 | 書籍