PCエンジンいろいろ
2014.02.02


先日友人から大量のPCエンジンソフトを貰い(借り?)ました。


gb140202_00.jpg

見て下さい、この宝の山。

その数、計20本。

これがファミコンとかのカートリッジだとかさばって仕方ないんですが、テレホンカードサイズのHuカードだとファミカセ3本分以下のサイズに収まります。素敵。

リアルタイムでフリークやってた頃はCD-ROM至上主義だったんですけど、今は本体もカートリッジもコンパクトなHuカードの方がスタイリッシュで好きです。

PCエンジン唯一の弱点と言われた波形メモリサウンドも、今聴くととても味のある音だしね。

というわけで、今回はこの宝の山から数本お気に入りソフトをご紹介します。



gb140202_01.jpg

gb140202_02.jpg

はにいいんざすかい
フェイス 1989


ハニワが主人公という異形のシューティング。

ゲーム内容も360度全方位に弾が撃てるという変わったシステムだったんだけど、ボタン(というかスティック)の少ないPCエンジンのパッドではちょい無理があったように思う。

PS3みたいにスティックが二本付いてるコントローラーで操作できたら化けるゲームかもしれません。

あと曲が神。



gb140202_05.jpg

gb140202_06.jpg

ビジランテ
アイレム 1988/1989


アイレム版スパルタンX、と言いたいところだけど、実はオリジナルのスパルタンX(アーケード版)はアイレム開発なんですよね。(ファミコン版が売れたので任天堂のゲームと思ってる方が多い気がする)

内容はオーソドックスなサイドビューのアクション。

かなり難しいんですけど、いかにもアイレム風味なグラフィックが凄く綺麗で好き。



gb140202_07.jpg

gb140202_08.jpg

イメージファイト
アイレム 1988/1990


R-TYPEと並ぶアイレムの看板シューティング。

PCエンジンにリリースされたアイレムのアーケード移植作品は軒並みクオリティが高いんですが(※)本作も例に漏れずの好移植です。

簡略化されたとはいえダイナソア(二面の巨大戦艦)が背景付きで登場したことに感動しました。

※「最後の忍道」「Mr.HELIの大冒険」なども素晴らしい作品でした。
  ぜひバーチャルコンソールの復活を!




gb140202_03.jpg

gb140202_04.jpg

ワンダーモモ
ナムコ 1987/1989


ナムコの快(怪)作ギャルアクションゲーム。

元のアーケード作品よりかなりアレンジされてますが、操作性がかなり良くなっていて、BGMなんかもこっちの方が好きかも。(味わい深いボイスが全カットされたのは残念だけど)

最近、驚きの新作(ゲームとアニメ)が発表されましたが、どんなゲームになるのかとても楽しみです。

ワルキューレの新作もお願いしたいですなー(真顔)


他にも色々ありますが、今日はここまで。


gb140202_09.jpg
posted by Nakamura at 18:02 | 日記

あけましておめでとうございます
2014.01.12

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年はいよいよPS4Xbox Oneが日本で発売されますね。(Xboxは発売日未定だけど)

私はどちらもまだ購入予定はないんですが、頃合いを見てPS4は欲しいなー、と思ってます。

Xbox Oneはタイトル次第。360並みに良質シューティングが出るなら即買いなんですが。


さて、ラジオでもちょっと話しましたが、PSストアやApp Storeなどで恒例(?)となりつつある年末年始のセールでいろいろゲーム買って(DLして)きました。

gb140112_1.jpg

セブンスドラゴン2020
セガ 2011


ただいま絶賛プレイ中。

まだ序盤の方だと思いますが小難しいルールの無いオーソドックスなコマンド式RPGで、なんか安心してプレイできるというか、ちょっと懐かしいニオイのするゲームです。

難易度も低いので(現時点では)、電車のお供に重宝してます。



gb140112_2.jpg

極魔界村 改
カプコン 2006/2007


高難易度アクション魔界村シリーズの現時点での最新作。(コンシューマ機では)

例に漏れずかなり難しいですが、軽快なアクション、多彩なステージギミック、オドロオドロしいグラフィックとサウンドなど、紛うことなき魔界村の血統。素直に面白いです。

これで60フレーム描画だったらなあ。



gb140112_3.jpg

かまいたちの夜
スパイク・チュンソフト 1994/2013


弟切草と並ぶサウンドサウンドノベルの金字塔。もはや説明不要の名作ですね。

こちらはiOS版ですが(Android版もあり)高解像度化されたグラフィックや生演奏のBGMなど進化した部分もあるものの、かまいたちのキモとも言うべき人物シルエットがオミットされてる点が残念。

とはいえ「かまいたち」がスマホでいつでも気軽にプレイできるのはやはり嬉しいです。



他にもPS3の「大神 絶景版」やXbox360の「コンバットウィングス」なども買いましたが(セールとは無関係)こちらはまだ未プレイなので今回は割愛。

以上、年末年始セールのお買い物話でした。

そんな感じで、こちらのブログは前年同様マイペースにまったりやっていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
posted by Nakamura at 00:06 | 日記

秋葉原で買い物
2013.12.23

先日ちょっと秋葉原に用事があったので、久しぶりに某ゲームショップに行っていろいろ買ってきました。

まあクリスマスも近いしね。


gb131223_1.jpg

ワルキューレの伝説
ナムコ 1989/1990


ワルキューレの伝説は基板買うくらい好きなゲームだったんですが、当時はこのPCエンジン版の出来に満足できず、結局リアルタイムでは買わなかったソフトです。

今プレイしてみると家庭用オリジナル要素が満載で「別のワルキューレ」としてけっこう楽しめます。

もう少し操作性が良ければなあ。



gb131223_2.jpg

神武伝承
ビッグ・クラブ 1991


これ知ってる人いるかなあ。

PCエンジンの初期に出た疑似3Dアクションシューティングなんですが、まあ言うたらスペースハリアーのモドキですよ。

ただ単なるオマージュ作品じゃなくて、画面の奥に進むだけじゃなくて手前に戻ることができたり、ジャンプの要素があったりと、けっこう斬新な部分が多い意欲作だったりします。

しかし如何せんゲームバランスが悪く(難しく)ポストスペハリにはなれなかった残念な作品。

ちなみに音楽が超絶に格好良い。



gb131223_3.jpg

ラビオレプス
ビデオシステム/ハムスター 1987/2006


これも知ってる人いるかなあ。

ビデオシステム制作の横スクロールシューティングで、可愛いウサギのロボが主人公な一見ファンタジックなゲームなんですけど、敵キャラやステージのデザインいろんな意味で「濃く」、そこが良くも悪くもラビオレプスの特徴になってます。もちろん私は好き。

ちなみに本作が収録されている「オレたちゲーセン族」というシリーズはタイトルによっては移植のクオリティがとても低く、本作も決して良移植とはいえないみたいですけど、このシリーズでしか発売されていないアーケード作品も多いのでなかなか侮れない存在だったりします。

とはいえ、やはり移植は「愛」を持って行なってほしいです……。



gb131223_4.jpg

ソニックウィングス
ビデオシステム/ハムスター 1992/2005


こちらもビデオシステムによる縦スクロールシューティングです。

複数の性能の異なる自機を選べるという、今では当たり前のシステムを初めて導入した画期的なシューティング。今遊んでも地味ながら楽しいです。

例によって(?)オレたちゲーセン族の移植度はイマイチらしいですが、今のところ本作を縦長画面でプレイできるのはこのシリーズだけなので(スーパーファミコン版は横画面)すがるしかありません。

いずれちゃんと移植してほしいです。



それでは今日はここまで。


gb131223_5.jpg
posted by Nakamura at 12:23 | 日記