ゲームブック スーパーマリオブラザーズ外伝
2014.03.23

ゲームブックって知ってますか。

本を読み進めると分岐があって、選んだページへジャンプすることで自らストーリーを切り開いていき、敵と遭遇すると(本にもよるけど)サイコロとか使って戦闘。勝った、負けたでまたストーリーが分岐していく、そんな感じ。

サウンドノベルをリアルな本でやっている感じ、と言えば分かりやすいかな。

いろいろなゲームデバイスが蔓延る現代ではほとんど絶滅危惧種だろうゲームブックですけど、80年代後半くらいまではわりと流行っていたぽくて、いろいろな作品がゲームブック化されてました。

ドラクエ、ファンタシースター、ビックリマン……。

変わったところではスペースハリアーなんてもありましたね。(読んだことないけど)

著者の力量にもよりますがけっこう出来の良いゲームブックが多くて(だからこそ流行ってたんだろうけど)、好きなゲームのちょっとしたノベライズ的な意味でも当時は貴重でした。

そんな隠れた優良物件ゲームブックの中で、一際異形を放っていた作品がありました。



それがこちらです。


gb140323_01.jpg

スーパーマリオブラザーズ外伝
原田力男/原作 橘しいな/画 1986



スーパーマリオブラザーズ外伝。


パッケージこそファミコンカセットと同じマリオのイラストが使われてますが中身は完全に別物の漫画タイプのゲームブック。

一応クッパを倒した後の後日談とのことで物語的には繋がりがあるみたいだけど、世界観がとにかく暗い、っていうかダーク。

敵もゴーゴンやガーゴイルといった、およそクッパ軍団とはほど遠いガチファンタジー系です。



gb140323_05.jpg

左の少女がキノピオです

そもそも主人公のマリオからして本家とのデザインの共通点はヒゲとつなぎくらいで、ほぼマリオのコスプレをしたオジサンと化してるし、キノピオやピーチ姫に至っては原型すら止めておらず、



gb140323_02.jpg

その、なんというか



gb140323_03.jpg

この作品にマリオを起用する意味ってあるかなーと



gb140323_04.jpg

当時から疑問に感じてたわけですが



gb140323_06.jpg

このハードな世界観やキャラクターデザインが、私めちゃくちゃ好きでして、マリオ云々はさておきお気に入りの一冊でした。



gb140323_07.jpg

特に本作におけるマリオのライバルである悪魔騎士アーノルド卿のデザインは今見ても溜め息が出るくらい格好良くて、今でも私の中で最高のダークサイドヒーローです。(まあけっこうヘタレなんですけどね)

そんな異形のマリオシリーズ(?)スーパーマリオブラザーズ外伝ですが、なんと続巻が発売されているそうでビックリ。

機会があれば入手したいですね。


それでは今日はここまで。
posted by Nakamura at 15:28 | 書籍

マル勝PCエンジン
2013.08.25



gb130825_1.jpg

マル勝PCエンジン
角川書店


当時PCエンジンの専門誌は主に3つありました。


小学館の「月刊PCエンジン」

徳間書店インターメディアの「PCエンジンFAN」

そして角川書店の「マル勝PCエンジン」


このうち僕が毎月愛読していたのは三番手に紹介したマル勝PCエンジンでした。

正直なところ、3つの雑誌の情報量やニュース速報にそれほど大差はなく、情報誌として見るならばどれを買ってもよかったんですけど、僕がマル勝PCエンジンを好きだった最大の理由が掲載写真の美しさでした。

今はゲーム雑誌に掲載されているプレイ画像はほとんどキャプチャだと思うのですが(このブログで掲載してる画像も全て実機からのキャプチャです)、当時はそんな大層な機材はなかったため掲載写真の大部分はモニターから直接カメラで撮影したものが使用されていたみたいです。

そのため撮影機材やモニターの性能の影響をモロに受け、同じゲームでも雑誌によって色味とかシャープネスとかがかなり違っていたんですよ。



gb130825_2.jpg


で、その中で一番好きな絵だったのがマル勝PCエンジン。

マル勝PCエンジンの掲載写真は他誌に比べるとあまり特徴はないんですが、とても自然な色味で、実際のテレビに映し出される絵に近い感じがとても好きでした。

逆にPCエンジンFANはドットがシャキっとしたシャープな絵で、月刊PCエンジンは彩度が高い華やかな絵っていうのが僕の印象。

あくまで主観ですし、そもそも絵柄なんて人の好みでどうとでも転んでしまうんですが、掲載写真一つとっても雑誌の個性がモロに出てしまう当時のゲーム事情は、不便だったけど面白い部分もあったなあと思うわけです。



gb130825_4.jpg


あ、あと巻末に掲載されていた、しろー大野先生の「ムッシュゴリグリ鈴木・ド・ヤコペッティの優雅な生活」という漫画や、途中から表紙絵に昇格したウサギさんの絵がメチャクチャ好きでした。


それでは今日はここまで。
posted by Nakamura at 19:50 | 書籍

ハイスコアガール
2013.06.30



gb130630_1.jpg

ハイスコアガール
押切蓮介(著)
写真は初回限定なので通常版とは表紙が異なります。



ハイスコアガール。

いま一番好きな漫画です。

つい先日最新巻(4巻)が発売されましたが、すでに次巻が待ち遠しい。


この魅力的なタイトル、かつ押切先生の作品ってことで否応なしに期待はしていたんですが、もう予想の垂直上を行く面白さ。

ゲームを題材にした漫画はたくさんあるけれど、ハイスコアガールはその中でも最高級の作品だと思う。

内容は以前に紹介させていただいた「ピコピコ少年」に近く、テレビゲームに魅了されてしまった主人公「ハルオ」のブレのないゲームライフをリアルかつコミカルに……って、ピコピコ少年と同じじゃねえか!とツッコミたくなるところですけど、違うのです。


女の子が出てくる。


いや、ピコピコ少年でも女の子が登場する話はあったけど、ハイスコアガールではゲーム以外の核の部分、すなわち恋愛(もしくは好敵手)として女の子が深〜〜く関わってくるんですよ。

そして、その恋愛描写がなんてかもう、たまらんのです!

特に2、4巻のヒロインのあのシーン。


「私は後ろで見ている方が好き」←ネタバレにつき白黒反転


あの表情と台詞はずるいよ、押切先生。


もちろんピコピコ少年ばりのマニアックなゲーム描写も健在で、MVS筐体に捧げる青春や「死霊戦線」を熱く語る主人公など、当時を知るゲーマーならば余裕でシンクロ率200%超えること間違いなし。

しかもそこに本気でドキドキする恋愛パートが加わるわけですから、そりゃ面白くないわけがない!

おすすめです。マジで。


あー あとコレ、本作にかぎったことではないのですが、押切先生の描かれる女の子は本当に可愛いです。

重要です。


それでは、今日はここでまで。


gb130630_2.jpg

ハイスコアガール 公式ファンブックも面白い!
posted by Nakamura at 04:27 | 書籍