ワルキューレの伝説
2013.12.31



gb131231_01.jpg

ワルキューレの伝説
ナムコ 1989


今年最後の更新となりますので、ラストを飾るに相応しい、私が世界で一番好きなゲームをご紹介します。

ワルキューレの伝説。

ワルキューレと聞いて多くの方が思い浮かべるのはファミコンの「ワルキューレの冒険」かと思いますが、私にとってワルキューレといえば本作です。

ワルキューレの伝説はスマッシュヒットとなったワルキューレの冒険の続編として1989年に登場。

RPG要素の強かった初代とは異なり、アーケードというプラットフォームの特性を生かしたトップビューアクションとして生まれ変わりました。



gb131231_02.jpg


8方向レバーで主人公ワルキューレを操作。

妙にフワフワ感のあるジャンプを駆使しながら、剣先から出るビームや魔法で敵を倒しながら進んでいく。

お金を拾ってアイテムを買ったり、ちょっとしたRPG的な要素もあるんですが、全体的に見れば非常にオーソドックスなアクションです。

しかしよく作り込まれた世界観や適度な難易度など、システム含む全体の完成度が非常に高く大ヒット。

80年代後期のナムコを代表するアーケード作品の一つとなりました。



gb131231_05.jpg


冨士宏先生の描いた世界観を可能な限りドットで再現したグラフィックにも注目。

ファミコン版で「なんじゃあこりゃあ!」だったワルキューレのグラフィックも一新され、パッケージ同様の美しいお姿が拝むことができます。

また使用された基板システムIIの特性「拡大縮小機能」をふんだんに駆使した演出の数々も見る側をワクワクさせてくれました。

ステージ1の最初でワルキューレが雲の上から飛び降りるシーンなんて最高ですよね。



gb131231_08.jpg


他にもステージ3のスプーンジャンプ台や



gb131231_11.jpg


BIGの魔法など

いたるところで拡大縮小演出がドヤ顔で採用されてます。

だがそれがいい。

そしてワルキューレの伝説を語る上で欠かせないのがBGMです。

コンポーザーはワルキューレの冒険に引き続きひろべ〜こと川田宏行さん。

妖怪道中記やギャラガ88などの楽曲も手がけた名作家さんです。

当時はまだ高価だった(と思われる)PCM音源全開で奏でるゴージャスなサウンドもさることながら、特筆すべきは楽曲の素晴らしさ。

初めてメインテーマを聴いた時のショックは今でも忘れられません。

ステージ2の道中で浮遊台をボーッと待ってるあいだ何気なく筐体に耳を近づけた瞬間、伝説的なあのメロディが耳に入ってきたんです。

もう頭がサイクロン状態でした。

後日速攻でサントラCDを買ったのは言うまでもありません。


gb131231_08.jpg


あと先にサラリと書いちゃいましたが、他のアーケードに比べて難易度が適度に易しかったことも魅力の一つでした。

ステージ1、2くらいまでなら頑張れば初見でもクリアできるし、一つのステージがけっこう長いので、それだけ長く遊べる。

ゲーム難易度がうなぎ上りに上昇した80年代後半のゲームセンターにあってワルキューレの存在はゲーム好きなクセに下手な(しかも金もない)私にはホントに神々しいゲームだった。



gb131231_07.jpg


そんなわけで、ワルキューレの伝説は私にとって大のお気に入りのゲームでした。

ワルキューレをやりたいがために部活をサボり、一回でも多くプレイしたいがために昼食をカレーパン一個で過ごした日々。全て良い思い出です。

今でもPSのナムコミュージアム5やWiiのバーチャルコンソール版がプレイ可能ですので、興味ある方はぜひどうぞ。

ちはみに、移植の出来が良いのはVC版なんですが、ナムコミュージアム5の方は当時の資料や冨士宏先生の「迷宮のチャナ」なども読めるのが(未完ですが)嬉しいです。

それでは今日はここまで。

皆様良いお年を!
posted by Nakamura at 20:02 | レビュー

秋葉原で買い物
2013.12.23

先日ちょっと秋葉原に用事があったので、久しぶりに某ゲームショップに行っていろいろ買ってきました。

まあクリスマスも近いしね。


gb131223_1.jpg

ワルキューレの伝説
ナムコ 1989/1990


ワルキューレの伝説は基板買うくらい好きなゲームだったんですが、当時はこのPCエンジン版の出来に満足できず、結局リアルタイムでは買わなかったソフトです。

今プレイしてみると家庭用オリジナル要素が満載で「別のワルキューレ」としてけっこう楽しめます。

もう少し操作性が良ければなあ。



gb131223_2.jpg

神武伝承
ビッグ・クラブ 1991


これ知ってる人いるかなあ。

PCエンジンの初期に出た疑似3Dアクションシューティングなんですが、まあ言うたらスペースハリアーのモドキですよ。

ただ単なるオマージュ作品じゃなくて、画面の奥に進むだけじゃなくて手前に戻ることができたり、ジャンプの要素があったりと、けっこう斬新な部分が多い意欲作だったりします。

しかし如何せんゲームバランスが悪く(難しく)ポストスペハリにはなれなかった残念な作品。

ちなみに音楽が超絶に格好良い。



gb131223_3.jpg

ラビオレプス
ビデオシステム/ハムスター 1987/2006


これも知ってる人いるかなあ。

ビデオシステム制作の横スクロールシューティングで、可愛いウサギのロボが主人公な一見ファンタジックなゲームなんですけど、敵キャラやステージのデザインいろんな意味で「濃く」、そこが良くも悪くもラビオレプスの特徴になってます。もちろん私は好き。

ちなみに本作が収録されている「オレたちゲーセン族」というシリーズはタイトルによっては移植のクオリティがとても低く、本作も決して良移植とはいえないみたいですけど、このシリーズでしか発売されていないアーケード作品も多いのでなかなか侮れない存在だったりします。

とはいえ、やはり移植は「愛」を持って行なってほしいです……。



gb131223_4.jpg

ソニックウィングス
ビデオシステム/ハムスター 1992/2005


こちらもビデオシステムによる縦スクロールシューティングです。

複数の性能の異なる自機を選べるという、今では当たり前のシステムを初めて導入した画期的なシューティング。今遊んでも地味ながら楽しいです。

例によって(?)オレたちゲーセン族の移植度はイマイチらしいですが、今のところ本作を縦長画面でプレイできるのはこのシリーズだけなので(スーパーファミコン版は横画面)すがるしかありません。

いずれちゃんと移植してほしいです。



それでは今日はここまで。


gb131223_5.jpg
posted by Nakamura at 12:23 | 日記

アナログミッションスティック
2013.12.08


n_gameblog100922_1.jpg

アナログミッションスティック
セガ 1995



セガサターンとプレステが発売された頃って、実は私が人生で一番ゲームから遠ざかっていた時期だったりします。(ちょうど音楽を始めた頃だったんで)

そんなわけで、今回ご紹介するセガサターン用コントローラー「アナログミッションスティック」の存在を知ったのも後年……、というか、わりと最近だったりするんですが、この格好良いのか悪いのか分からないデザインや、「レバー(操縦桿)」という漢(男)マストアイテムに魂がうずいてしまい思わず購入。

外見は見ての通り、いわゆる「フライトスティック」みたいな形状をしていますが、フライトスティックお約束の「スロットル」が無く、代わりにフツーのボタンが設置されているところの煮え切らなさが何とも言えません。

まあコストの問題というか、最近主流のHORI製「フライトスティックEX」の半額くらいなんで、この辺は妥当?

レバーはけっこうグニャグニャ。だけど握った感じは悪くなく、バネでセンターに戻るアナクロ感も個人的には好きだ。

ちなみにスティックと本体は分離することが可能で、ボタンの位置を左右逆にできるのも特徴。




n_gameblog100922_2.jpg


早速スペースハリアーとアフターバーナーIIをプレイしてみると、意外と……、と言っては失礼かもしれないけど、けっこう良い感じ。

もちろんゲーセンの本格的なスティックとは比較にならないほど軽いけど、そんなことは初見で分かっていたし「どのくらいゲーセンの雰囲気が味わえるか」ってのが重要だったんで、その点は私の予想の斜め上だった。もちろん私見ですが。

あとこれまた失礼な言い草だが、思ったよりも操作性が良い。

スペースハリアーは正直パッドの方がプレイし易いんだけど、アフターバーナーIIやナイトストライカーなんかはこちらミッションスティックの方がプレイし易かった。



n_gameblog100922_3.jpg


特にナイトストライカー(写真上)は、アーケード筐体のスティック自体がそれほど強固なモノではなかったんで、余計にミッションスティックとの相性が良くて、程よくゲームセンター気分を味わえました。(部屋の明かりを消す、もしくは薄暗くするとより効果的)

というわけで衝動買いしてしまったミッションスティック。

モノがモノだけ万人におすすめは出来ないけど、少しでもあの頃のゲーセンの気分を味わいたいって方には、なかなか良いアイテムだと思う。値段も手頃だし。


それでは今日はここまで。
posted by Nakamura at 11:09 | ハード・周辺機器